大阪府議会議員選挙2019(任期は2023年まで)吹田市選挙区の選挙結果

皆さんこんにちわ。吹田市の元気な会社員の、じゅうのけいこ(重野恵子)です。

私は今年度の自治会の組長を務めることになりまして、

今週末は自治会の組長会議に参加しました。

 (自治会に入ったのは、しがらみ組織の恩恵を受けるためではなく

 単純に自治会という組織に興味を持ったためです。

 うちの自治会の自治会長は自民党府議会議員で、

 地域のイベントに

 この地域に住んでいない自民党の議員や共産党の議員は来賓として呼ぶけれど、

 維新の議員は来賓として呼ばないよう本人によると招待されていないとのこと)。

 自治会にもよると思うのですが、

 うちの自治会は政治的な思惑がある団体なんだなーと思いました。)

災害訓練や盆踊り、運動会などのイベントなどが地域でありますので、

これらのイベント等を通じて、

しっかりと自分の住んでいる町を盛り上げていきたいと思います。

また、吹田市長がわが町にタウンミーディングで訪れた際には、地元住民として、

市長に対し、直接がんがん政策提言や市政の不正の追及を行いたいと思います。

 

知事選挙及び大阪府議会議員選挙の吹田選挙区の結果が出ました。

選挙当日の吹田市有権者数は、

男性約14万300人、女性約15万7300人、計約29万7600人です。

府議選の投票率は、吹田市では前回より6.2%ポイント上回り、52.33%でした。


知事選の吹田市選挙区の開票結果は、

吉村さんに入った票のうち、有効票が100,764票

小西さんに入った票のうち、有効票が53,272票でした。

候補者のポスターが貼られた直後は、

小西さんのポスターに「吹田市在住」の文字は無かったのですが

途中でポスターに「吹田市在住」のシールを貼るなど、

小西さん陣営は工夫されていたようです。

 

府議選については、

1位 維新の方

4人区なのに維新候補者が一人だけなので誰もが予想したことだと思います。

お隣の豊中市(定数4)は維新候補者を二人出していましたし、

高槻市三島郡(定数4)も結局維新候補者二人出していました。

大阪市議選で、定数が3人の選挙区で維新候補を2人たてていた選挙区もありました。

 

2位~4位

自民党の奥谷まさみさん

(奥谷さんは、長年民主市民連合という

民主党議員が所属した会派にて活動されていました。

議会においては、代表質問・個人質問日に質問していないことが複数回ありましたし、

議会の場での私的な内容の発言も目立っていました。

質問時間が限られており、また多数の市職員や議員が参加している場で、

私的な発言を多くすることは、慎むべきと私は感じています。

代表質問・個人質問日に質問する場合、

普通は何回か質問と回答を往復させるのですが

直近の定例会の代表質問・個人質問の場で、

奥谷さんは、一方的に質問することはありましたが、

理事者から得た回答に対して発言されるということはありませんでした。

議会や仕事に取り組む姿勢として、なんだかなぁと思っています。

府議会ではこのようなことが無いようにして頂きたいです。

公明党の三浦とし子さん

 共産党の石川たえさん

 

落選 

立憲民主党の梶川文代さん

梶川さんの市議会での活動は、他の議員と比較して、

特段、格別に優れていたとは言い難いですが、少なくとも

与えられた発言の機会はしっかりと活かした活動をされていたと思います。

国会での立憲民主党議員の活動を見ていて、

私は、彼らの仕事に対する姿勢についてはほとんど支持していませんし、

立憲よりは自民(大阪自民ではない)の方がまだベターと思っていますが、

府議候補については、

議会での仕事に対する姿勢は、この二人だけに限っては

自民の候補者よりは梶川さんの方が良かったなぁと思っていました。

梶川さんは、選挙公報やポスターで、

批判よりは、より具体的で前向きな政策を書いた方が支持に繋がったと思います。

 

梶川さんは、また市議選に出られるのではないかなぁと思いますが

無所属か、立民で出られるのか、注目したいです。

 

候補者の方、陣営の方、府選管の方、市選管の方、開票作業等に従事された方、

公報を配布している会社の従業員さん(今回もヤマツーナッジさんかしら)、

マスコミさん、大阪府警本部、吹田警察署、江坂交番の府警の方々、

皆様お疲れさまでした。