大阪府議会議員選挙2019(任期は2023まで) 吹田市以外の選挙区の選挙公報の感想

皆さんこんにちわ。吹田の元気な会社員の、じゅうのけいこです。

 

投票先を決める際に、多くの有権者がもっとも参考にされるであろう

情報うちの一つは選挙公報です。

選挙公報を見比べ、選挙公報を作成する上での

戦略を勉強してみました(何かの約に立つかは不明ですが。。。)

 

大阪府議会各地吹田市以外)の候補者の選挙公報の感想をたらたらと。

普通、自分の住んでいる自治体以外の候補者の選挙公報

自分から見に行かないと思うので、記事自体がマニアックな内容です。

なので、そもそも読みたい方がいるのかも謎ですが。。。

http://www.pref.osaka.lg.jp/senkan/h30hugisen/h31hugikouhosya.html

大阪府選管の選挙公報が見れるページへのリンクを貼っておきます。

 

大阪市北区 定数1 維新が現職 維新VS自民公認・公明推薦候補

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/35076/00319836/01_kitaku.PDF

自民の候補者は、51種の各種団体より推薦を頂いているそう。

維新の候補者は、党の政策とか党の実績を記載しているけれど、

個人の政策住民への果実をもう少し具体的に伝えた方がいいような気が。

でも北区は都構想の賛成が多かった地域だからこれでいいのか。

履正社高等学校卒。

自公の候補者は、政策を定性的に記載しているなぁ。

個人的には定量的な内容よりは定性的な内容の方が好き

 

大阪市都島区 定数1 自民が現職 維新VS自民公認・公明推薦候補

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/35076/00319836/02_miyakozimaku.PDF

自民の候補者が「しがらみがない」と記載しつつも

応援している団体名をズラッと記載しているのに対し

維新の候補者は、企業団体献金は一切受け取りません! と記載しているのが対照的。

自民の候補者が「副首都機能の誘致」「成長戦略」と謳っています。

それって大阪維新の会のマニュフェストでは?と思ったので

大阪維新の会のHPを確認したところ

「副首都大阪の確立」「大阪の経済成長戦略」と記載がありました。

そっくりさんかな と思いました。

自民候補者の「3位に転落した経済を立て直す」という記載は、

現状が悪くなっている感を演出したいのかな と思いました。

そういえば、あの人も「停滞していた市政を」という風に謳っており、

自分の前任者の時代が停滞していた感を演出しているんだよなぁ。

 

大阪市福島区及び此花区 定数1 自民が現職 維新VS自民公認・公明推薦候補

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/35076/00319836/03_hukusimakuoyobikonohanaku.PDF

自民の候補者は安倍総裁や複数の衆議院議員が応援しているのに対し

維新の候補者は松井さんや吉村さんによる

「私も応援しています」という記載がありません。

選挙公報上は、そもそも誰も応援していないよう。

現職ではなく新人なので、そういう戦略だとしたらちょっとイマイチかな。

 

大阪市中央区 定数1 維新が現職 維新VS無所属 自民推薦

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/35076/00319836/04_tyuouku.PDF

豊中市長 長内繁樹(おさないしげき)さん、あらわれる!

レイアウトといいますか、デザインがかぶっています。

二人とも似顔絵もあります。

無所属候補者「カジノよりも本社機能の誘致を」。

そりゃ中央区には、誘致するとしたらカジノではなく本社機能ですな。

”日本のブランド”として、”大阪市中央区

「天下の台所」「東洋のマンチェスター」「難波宮」と羅列。

これって例えば

吹田市太陽の塔」「アジア発の万博開催地」「国立民族学博物館

羅列するようなものだとは思うけれど、

吹田市大好きっ子からするとテンションが上がるかもしれない内容なので、

中身は無いながらも戦略としてはありなのかなぁという感じ。

 

ここまで全員男性。

大阪市西区 定数1 維新が現職 維新VS自公VS無所属

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/35076/00319836/05_nisiku.PDF

都構想反対票が分散しそう。

現職(73歳前後)が当選9回なので、

新人女性候補の方が、しがらみが無さそうな印象は受けるなぁ。

 

このシリーズは続けるか未定。