吹田市議会議員じゃないけれど吹田市政を改革している会社員。ようこそ世界と吹田市の最先端へ。2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)や、吹田市役所を動かしたことなどを記録している吹田市民のブログです。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。現職吹田市議会議員や有識者も読んでいる重野(じゅうの)ブログへようこそ。筆者は日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した信託基金事業に係る 国際連合教育科学文化機関からの助成を受けて ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し、街づくりに関する調査研究を行って参りました。市政に関するご要望については、平日日中働いているためご対応が難しい場合もありますので、その点はご了承下さい。本ブログ各記事の転載・転用は部分的な引用も含め禁止します。

吹田市公平委員会って何してるの?誰が公平委員なの?吹田市役所の職員さんは、パワハラ・セクハラ問題は公平委員会にも相談できますよ。

皆さんこんにちわ。

吹田市の元気な会社員、重野恵子(じゅうのけいこ)です。

 

吹田市選挙管理委員会に引き続き、

吹田市の行政委員会が

積極的に公開していない情報を皆さんにご紹介します。

 

今回は、吹田市公平委員会についてです。

そもそも公平委員会というのは何してるの?

と思われた市民や吹田市関係者の方もいらっしゃるのではないかと

思いましたので、説明すると、

公平委員会というのは

地方自治法第180条の5第1項3号および地方公務員法第7条2項において

設置が義務付けられている機関で

職員の任免や懲戒など、人事権の行使を適正に行うために設けられた

任免権者から独立した機関です。

 

吹田市公平委員会のHPにある案内は、

かなり少なく

抜粋すると

『 新着情報「新着情報はありません。

  業務内容

  「職員からの勤務条件についての措置要求に関すること

   職員からの不利益処分についての不服申立てに関すること

   職員からの苦情相談に関すること 

   その他法律に基づく公平委員会の権限に関すること

  公開資料

  「平成29年度 該当する資料はありません。」』

という文言が記載されており、

他には部長マニュフェストと部長ブログへのリンクが貼り付けてあるだけです。

 

吹田市|公平委員会事務局

 

以前に、吹田市公平委員会のHPにおける案内の情報量はあまりにも少ない

と感じたので、

公平委員会に対してHPにおける情報量を増やすべきではないか等

2018年8月21日付で意見を伝えました。

 

*****吹田市への連絡文(ごく一部)*****

◆公平委員会さん

公平委員会は、パワハラ被害を受けた吹田市職員さんのための

相談窓口のうちの一つと存じますが

公平委員会のHPの案内について、

もう少し情報量を増やすべきはないでしょうか。

今のHPの案内だと、例えば誰が利用できるのか、

苦情相談について具体的にどのようなことが相談できるのか

非常勤職員でも利用できるのかなど分かりにくいです。

「相談したことによって不当な扱いを受けるのではないか」という

懸念を持つ方もいると思いますので、

相談しても不当な扱いを受けない旨をきっちり明記すべきです。

************************

 

また、吹田市の公平委員会でも、

下記内容については、対応しているとのこと確認しました。

『①任用関係 昇任、転任、異動、分限処分等

 ②給与関係 給与、手当等

 ③勤務条件 勤務時間、休暇、超過勤務等

 ④厚生関係 執務環境等

 ⑤人間関係 セクハラ、パワハラ、いじめ等伊丹市公平委員会のHPより抜粋。)

 

また、公平委員会が

2015年、2016年、2017年、2018年、それぞれの年において対応した

「職員からの勤務条件についての措置要求に関すること」、

「職員からの不利益処分についての不服申立てに関すること」、

「職員からの苦情相談に関すること」 、

「その他法律に基づく公平委員会の権限に関すること」、についても確認し、

以前、公平委員会事務局から、

公平委員は法科大学院教授と弁護士2名が就かれていると伺っていたので、

公平委員の氏名についても確認しました。

どれも公平委員会のHPでは確認できませんが、

『誰に相談するのか』を事前に知っている方が

相談したい人は相談しやすいと思うんですよね。

 

吹田市からは2018年8月29日付で、下記の内容の回答を受領しました。

(この内容は吹田市HPの市民の声でも掲載される予定です。)

f:id:JunoVision:20180906031457p:plain

 

まだ2018年度は半年も経過していないので、

このままいくと相談数は2018年度が、

過去4年間で一番多くなりそうな気がしました。

(相談数の多い・少ないで物事を判断すべきではありませんが)

 

各委員について、自分で調べてみました。

野呂充さん…大学を卒業されたのが、1988年なので50代前半くらいと思われます。

                     大阪大学大学院高等司法研究科教授で、

                     大阪府の収用委員会の委員も務められています。

                          収用委員会というのは、大阪府のHPによると、

                        「公共の利益の増進と私有財産との調整を図るため、

                          土地収用法に基づいて各都道府県におかれている

                           準司法的な機能を持つ行政委員会」だそうです。ふむふむ。

塩野隆史さん…弁護士。1961年生まれ。50代後半のようです。

稲田正毅さん…弁護士。関大や阪大の大学院で教授を務められており、

       吹田ロータリークラブにも所属されています。

       大学を卒業されたのが、1998年なので40代前半くらいと思われます。

パートナー弁護士 稲田 正毅|所属弁護士|共栄法律事務所

 

8月30日付で、再度、吹田市に下記内容を要望しました。

・公平委員会の委員は全員男性ですが、
セクハラ問題については男性に相談しにくい場合もあるかと思う
今後は、男性だけでなく、女性の委員も選ぶように、お願いします
男女共同参画の観点からも女性の委員が就任することが望ましい
 ・男女共同参画室さんや人事室さんは、
上記のように、特定のポストが男性ばかりになっており、
そのことに基づく弊害が発生している場合もあると思料されるので
適宜、後藤圭二吹田市長に啓発・助言をお願いします
 

いつもの議員さん達(自民党共産党大阪維新の会・馬場・池渕・梶川議員)に

対しても、

パワハラ問題について議会で取り上げ頂くよう、また
答弁する理事者だけではなくて、出席している理事者全員に
当事者意識を持ってもらえるような形で
取り上げて頂くようお願いしておきました。

 

公平委員会が、パワハラ・セクハラなどで

本当に困っている市職員さんにとって、

もっと利用しやすく、相談しやすいものになればなぁと思います。

そもそも市職員さんが困らないような職場環境を整備することが重要なのは

いうまでもありません。

 

以前の吹田市役所のパワハラ問題に関する記事はこちら。