吹田市議会議員じゃないけれど吹田市政を改革している会社員。ようこそ世界と吹田市の最先端へ。2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)や、吹田市役所を動かしたことなどを記録している吹田市民のブログです。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。現職吹田市議会議員や有識者も読んでいる重野(じゅうの)ブログへようこそ。筆者は日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した信託基金事業に係る 国際連合教育科学文化機関からの助成を受けて ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し、街づくりに関する調査研究を行って参りました。32歳。

【朗報】一人会派いけぶち佐知子氏、梶川文代氏、馬場慶次郎氏、いそがわゆか氏、まとまる

皆さん、こんにちわ。吹田市の元気な会社員 じゅうの恵子です。

 

これまで吹田市議会で一人会派としてご尽力されてこられた吹田市議会議員

いけぶち佐知子氏、梶川文代氏、馬場慶次郎氏、いそがわゆか氏の4名が、

この度、同じ会派に所属されることになりました。

 

構成員数だけでは

共産党(7名)、公明党(7名)、自民党(7名)に次ぐ大きさの会派となります。

大阪維新の会も4名。

 

吹田市議会の会派は、メンバーが3名以上の交渉会派かどうかで、

できることが異なります。

(昔は2名以上で交渉会派だったのですが、その要件は3名に増えました。)

交渉会派になることによって、

議会運営委員会を構成する会派になることができます。

 

議会運営委員会の場で、議会の予算であったり、

質問時間の長さであったりと、政務活動費の宿泊費は実費支給とすべきか など

議会に関する様々なことが議論されています。

 

自民党の議員が、市議会で会派が質問できる時間の削減を推進され

その結果、質問時間が足りなくなったと仰っている一人会派の議員が

複数いらっしゃいました。

自民党の藤木えいすけ議長に直接伺った話では働き方改革のよう)

 

昨今の吹田市議会が、一人会派の議員が議会活動を行う上で好ましくない

市議会の運営を行ったことが、今回の会派結成の一因となったのかな~と

感じています。

 

この「チーム一人会派」というべき新しい会派ですが、

党議拘束は無いとのことなので、

採決の際は、同じ会派に所属していても同じ立場をとるとは限りません。

 

私は、各議員が妥協を排して十分に検討した結果、

議案に対する意見が同じ会派に所属する議員同士で異なっていた場合、

採決の賛否は必ずしも同じでなくてもいいと思います。

 

これも一つの会派の在り方だと思います。

 

そもそも党の考え方ではなく個人の価値観に関するような議案の場合は

党議拘束の存在自体がナンセンスとも感じます。

北摂のある市議(現職)は、所属政党を離れた理由の一つに

党議拘束があることを挙げていました。

 

さまざまな考え方があると思いますが

小異を捨てずに大同につく

そんな会派が吹田市議会にあるのは理想的ではないでしょうか。

注)他の会派がどうとかいっているわけではありません

 

今回の会派結成を機に、

吹田市議会が、より一層そのパワーを効果的に発揮できるようになること

期待しています。

 

これで吹田市議会における一人会派は、

議会で不適切な行為をとられたことが原因

懲罰動議を提出された議員の方のみになります。

その議員の方は、不適切な発言を議会で述べて発言内容が議事録から削除されたり

懲罰動議に関する弁護士相談、資料作成費として

政務活動費から吹田市民の血税を32万4千円使われたりされました。。。

この政務活動費の支出には違法性はないようですが、

市民としては釈然としない支出です。