吹田市議会議員じゃないけれど吹田市政を改革している会社員。ようこそ世界と吹田市の最先端へ。2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)や、吹田市役所を動かしたことなどを記録している吹田市民のブログです。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。現職吹田市議会議員や有識者も読んでいる重野(じゅうの)ブログへようこそ。筆者は日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した信託基金事業に係る 国際連合教育科学文化機関からの助成を受けて ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し、街づくりに関する調査研究を行って参りました。32歳。

吹田市議会議員のブログ3選(2015年吹田市議会議員選挙で当選した議員、任期は2019年まで)

皆さんこんにちわ。

吹田市の元気な会社員じゅうのけいこ(重野恵子)です。

今日は吹田市議会議員のブログのうち、

無党派の筆者が 参考になるなと思って読んでいるブログを

勝手にランキング形式で紹介します。

 

1位 いけぶち佐知子のブログ

未来にまっすぐ(吹田市議会議員 いけぶち佐知子のブログ)

いけぶち議員は60歳くらいの女性議員で、1999年からずっと市議を務められています。

昔は吹田いきいき市民ネットワーク」という会派に所属されていました。

(吹田いきいき市民ネットワークは現在いそがわ氏が所属されている一人会派です。)

その後「すいた市民自治」に所属会派を変更され、

当時吹田市議会議員の西川厳穂さんと2人で活動をされてきました。

西川氏は今は議員ではないので、今は一人会派「すいた市民自治」として

活動されています。

 

ブログについては、

議会改革がどのように行われてきたかが分かりやすくまとめてあったり、

議会改革の歩み - 未来にまっすぐ(吹田市議会議員 いけぶち佐知子のブログ)

どのような議案が出されてその議決結果がどのようなものだったか案内が行われたり、

2月定例会が終わりました。やれやれです。 - 未来にまっすぐ(吹田市議会議員 いけぶち佐知子のブログ)

有志議員でタウンミーティングを開催されているのですがその日程の案内があったり

またまたタウンミーティングします - 未来にまっすぐ(吹田市議会議員 いけぶち佐知子のブログ)

と、市議会と市政についてチェックしている

筆者的にはありがたい内容となっています。

 

他方で約束時間を間違える、携帯電話を持たずに家を出てしまう、など 

政治家ぽくない、ほっこりするような記事も書かれています。。

あ~あ、時間間違えました - 未来にまっすぐ(吹田市議会議員 いけぶち佐知子のブログ)

今日一日、音信不通でした - 未来にまっすぐ(吹田市議会議員 いけぶち佐知子のブログ)

議会改革の歩みについては、吹田市議会事務局や吹田市議会議員に対して

HPにて案内を行って欲しいと要望を伝えていますが、

吹田市議会クオリティというべきでしょうか、まだ実現されていません。

(議会改革の状況について案内を行っている議会も多い)

ピンポイントで知りたいと思っていた情報をアップされておられたので

1位になりました。

 

 

2位 徒然に柿原まきが綴ります

徒然に 柿原まきが綴ります

柿原まきさんは1971年生まれ(46歳くらい)の日本共産党の議員で、

2003年から吹田市議会議員を務められています。

*注*私は共産党関係者やそのサポーターではありません。*

内容は、どのような議案が市議会に提出されたか分かりやすく紹介してあったり

吹田市がJアラートを校内放送に連動する工事などを提案、審査しました | 徒然に 柿原まきが綴ります

さまざまな制度がどのように変わるか案内があったり

医療費控除 領収書が不要になった件 | 徒然に 柿原まきが綴ります

国民健康保険 統一化は問題あり | 徒然に 柿原まきが綴ります

地域のことも詳しく紹介されています。

2018年度保育所の入所申し込み状況が明らかになりました | 徒然に 柿原まきが綴ります

桃山台駅に可動式ホーム柵が設置されます | 徒然に 柿原まきが綴ります

 

共産党の方なので、その点は考慮に入れて読むと良いと思います。

 

3位 読者の皆さんのお好みで

どの議員にしようか考えたのですが、

選べなかったので、読者の皆さんのお好みで。

 

なんというか、上記お二方以外のブログも参考になるブログもあるのですが

「考えの合わない会派に対して攻撃的な感じになっているブログ」

「更新がほとんど無く放置されているブログ」

「自身の主張にとって都合の悪いと思われる事実を掲載していないブログ」

なんかは選べないので、選んでいません。

かといって、あまり参考にならない「パーティーしました」的なブログを選ぶわけにも

いかなかったので、選びません。