吹田市議会議員じゃないけれど吹田市政を改革している会社員。ようこそ世界と吹田市の最先端へ。2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)や、吹田市役所を動かしたことなどを記録している吹田市民のブログです。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。現職吹田市議会議員や有識者も読んでいる重野(じゅうの)ブログへようこそ。筆者は日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した信託基金事業に係る 国際連合教育科学文化機関からの助成を受けて ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し、街づくりに関する調査研究を行って参りました。32歳。

吹田市の成人歯科健診について。どうせなら歯石除去も無料サービスに加えて欲しい。

皆さんこんにちわ。吹田市の、じゅうのけいこ(重野恵子)です。

 

吹田市成人歯科健康診査という市民サービスを実施しており、

満30歳~74歳の市民は無料で検診を受けることができます。

この検診は誕生月かその翌月、年1回受診することができます。

吹田市保健センターから送られてくる葉書には、

原則誕生月かその翌月」と記載がありますが、

先日保健センターに確認したところ、事情があれば誕生月・その翌月以外でも

受診できることが分かりました。

この場合、保健センターから書類を送ってもらって、その書類に必要事項を記入し、

受診機関に提出する必要があります。

仕事などでどうしても忙しくて誕生月にもその翌月にも受診できなかったよ、

という方は、吹田市の運用が変わっていなければ、

この方法で受診できると思われます。

 

この成人歯科健康診査を先日初めて受診して思ったのですが、

無料でやってくれることは、かなり限られており、

歯と歯茎の簡単な検診、

歯面清掃(吹田市の説明では歯垢の除去)しかしてもらえません。

歯茎の深さを入念にしっかり調べてもらうには別料金となるようでした。

歯石除去は無料で受けれるサービス外です。

 

吹田市のパンフレットでは「内容 歯と歯ぐきの健康診査、歯面清掃など」と

記載があり、「など」に何が含まれるかよく分からないんですが、

受診機関によってはもしかしたらブラッシングの指導なんかも

してもらえるのかもしれません。

この曖昧さを含ませる吹田市の広報物の作成も微妙だなと思うところ)

http://www.city.suita.osaka.jp/var/rev0/0193/0424/118330165615.pdf

 

 検診と謳っていますが

虫歯があるかどうか調べる場合はレントゲンを撮る必要があり、

それには別途費用がかかります。

 

ということで、個人的にはこの成人歯科検診の無料実施については、

歯への健康状態に意識を向けてもらうことには繋がりますが

予防歯科として効果的かといえば中途半端だなと感じます。

 

歯垢の除去を年に1回歯医者で行ってもらっても、

残りの364日に、自分で歯垢をきっちり除去していないとあまり意味は無いですよね? 

 

自分でフロスなどを使用して落とせる歯垢の除去ではなく

むしろ自分で除去できない歯石を

無料で除去してもらえる市民サービスの方がありがたいなーと思います。。

 

例えばですが、

成人歯科検診の頻度を毎年から2年に1回に変えて、

その代わり今まではサービス外だった

歯石除去を無料サービスに含めるという内容に変えて欲しいな~なんて思います。

 

今日、歯周病予防のために歯医者で歯石を取ってもらったので、

歯石の話になりました。