吹田市議会議員じゃないけれど吹田市政を改革している会社員。ようこそ世界と吹田市の最先端へ。2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)や、吹田市役所を動かしたことなどを記録している吹田市民のブログです。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。現職吹田市議会議員や有識者も読んでいる重野(じゅうの)ブログへようこそ。筆者は日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した信託基金事業に係る 国際連合教育科学文化機関からの助成を受けて ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し、街づくりに関する調査研究を行って参りました。32歳。

吹田市選挙管理委員会が積極的に公開していない情報について

皆さんこんにちは。

吹田の元気な会社員 じゅうのけいこ(重野恵子)です。

 

吹田市選挙管理委員会がHPで公開している情報って

結構限定的だな、ということは前々から感じていました。

自治体によっては

選挙管理委員の氏名をHPで公開している自治体もありますが、

吹田市選挙管理委員会のHPにおいて選挙管理委員の氏名は公開されていません。

選挙管理委員の氏名については、

吹田市選挙管理委員会が積極的に公開したい情報ではないのかもしれません。

 

と、いうわけで、私が公開します。

 

選挙管理委員長 曽呂利 邦雄

1949年生まれ共産党吹田市議会議員で元大阪府議会議員でもあります。

 共産党推薦の委員と思われます。)

委員長代理 西村 宜晃

委員 辻井 正房

委員 尾﨑 健一

どの委員かは明記しませんが、

選挙と全く関係ないところで会って話したことがある方がおられまして、

(名刺頂いています)世の中狭いなと思いました。

 

ひと昔前の吹田の選挙管理委員も、

議員OBが就任されておられたので、

吹田の選挙管理委員は議員の天下り先となる傾向があるのかなと感じました。

以前は、共産党市議会議員 山根たけと議員のパパと思われる

吹田市議会議員 山根孝(たかし)氏や、

民主党の元吹田市議会議員の森本 彪氏が選挙管理委員を務められていました。

 

吹田市選挙管理委員の報酬は、

委員長が月額63500円、委員長以外が月額54000円です。

 

今の選挙管理委員の任期は、罷免が無い限り、2020年1月25日までとなります。

選挙管理委員の任期は、地方自治法第183条で定まっており4年です。

(但し後任者が就任するまで在任するそう)

 

何故、前回の衆議院議員選挙で私たち吹田市民が期日前投票を行うために

1時間も待たなければならなかったのか。

私は悪天候時の懸念について、選挙期間のかなり前に選管に指摘していました。

 

選挙管理委員の方々には再発防止に努めて頂きたいと思います。 

※この記事は随時加筆する予定です。