吹田市議会議員じゃないけれど吹田市政を改革している会社員。ようこそ世界と吹田市の最先端へ。2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)や、吹田市役所を動かしたことなどを記録している吹田市民のブログです。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。現職吹田市議会議員や有識者も読んでいる重野(じゅうの)ブログへようこそ。筆者は日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した信託基金事業に係る 国際連合教育科学文化機関からの助成を受けて ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し、街づくりに関する調査研究を行って参りました。市政に関するご要望については、平日日中働いているためご対応が難しい場合もありますので、その点はご了承下さい。本ブログ各記事の転載・転用は部分的な引用も含め禁止します。

②後藤圭二吹田市長の政治家としての働きぶりは?個人情報の吹田市のHPにおける漏洩について

皆さんこんにちわ。

吹田市の元気な会社員、じゅうのけいこ(重野 恵子)です。

 

後藤市長は吹田市職員の大量採用を行っておりますが、

事務ミスが絶えません。

私は過去に、2017年と記載されるべき文書が、20017年と記載された文書を

複数回受け取ったことがあります。

また、私は市営住宅に関する問い合わせを吹田市に対して行ったことは

一度もありませんが、市営住宅などの文言が書かれた文書を

受け取ったこともあります。

 

これらのミスは、一般的な企業にお勤めの方の感覚からすると、

ちょっとあり得ないですよね。

私は、大阪市のように吹田市

職業経験を有する人をもっと積極的に採用すべきだと考えており、

職員採用の年齢制限を緩和するよう

吹田市や、吹田市議会議員に対して求めています。

しかし、後藤圭二氏率いる吹田市は、やる気が無いようです。

年齢にかかわらず、より優秀な人材が吹田市で働くことは、

吹田市民の皆様にとってプラスになることだと考えています。

 

さて、後藤圭二氏率いる吹田市の不祥事を、市民の皆さんに紹介します。

吹田市は、文化会館(メイシアター)の工事に関する意見を

市のHPにおいて閲覧できる状態にしていましたが、

意見を市に提出した人の個人情報も、閲覧できる状態で公開してしまいました。

以下は吹田市のお詫び文の抜粋です。

『お詫び

本市ホームページ上に平成29年(2017年)11月20日から掲載しております

「文化会館(メイシアター)改修工事に関する説明会開催概要について」の

ページにおきまして、

添付資料の一部に、意見書提出者の所属・氏名欄を非表示にした状態の

エクセルファイルを掲載し、非表示部分を再表示することで、

当該欄が閲覧できる状態になっておりましたことが

本日(平成29年12月5日)判明いたしました。

当該資料につきまして、直ちに該当箇所を削除したものに差し替えを行いました。

所属・氏名を明らかにした上で御意見をいただきました皆様には、

多大な御迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたします。

今後このようなことがないよう、再発防止に向けましては、

掲載前には、内容の再確認を徹底してまいります。

 

平成29年(2017年)12月5日

吹田市長』

http://www.city.sui\\ta.osaka.jp/home/soshiki/div-toshimiryoku/bunspo/_70838/001490/_83546/_88906.html

 

こういう事務ミスの原因や再発防止策については、

部署の垣根を越えて情報共有を行うことが必要なのかなと思います。

 

他方で、こういったお詫び文を、

一応 吹田市のHPで公開していることを考慮に入れると、

このミスを発生させた部署の自浄作用は機能しているのかなと感じました。