2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)について適当にメモ書きしたり、吹田市役所を動かしたことなどを記録している、吹田の元気な会社員じゅうの(重野)恵子のブログです。筆者は高倍率の選抜を経て、日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した 信託基金事業に係る国際連合教育科学文化機関からの助成を受け ユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し 街づくりに関して調査研究を行って参りました。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。マネジメントの父、ドラッカーは『組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、 あるいは成果が認められないときには辞めることが 正しい道である。』と述べていますが、私は腐った組織は治療します。略歴:ブリティッシュ・コロンビア大学に大学間の協定に基づき留学。Sauder School of Businessにて会計学やファイナンスを学ぶ。成績優秀者のみに支給される奨学金を獲得。立命館大学開講科目にてゲストスピーカーを務める。

立命館大学の学生の就職活動② 外資系金融機関(JPモルガン、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス)志望者の志望理由、面接や退職後のキャリア

皆さんこんにちわ、吹田市の重野恵子(じゅうの けいこ)です。

この記事は、『私大はどこを受験しようか』、

『複数の私大に合格したけれどどの大学に進学しようか』と

悩んでいる高校生や、先輩の就職情報を知りたいという

立命館大学在学生(もちろん立命館大学以外の大学生も)、

外資系金融機関に転職したいビジネスマンやOL

外資系金融機関を辞めてから他の事業体に転職したい在職者向けの記事です。

 

私はこの業界の志望度は低かったのですが、いろんな業界について勉強したり、

社員の方と直接話をできるのは就職活動生の特権ですので説明会に参加しました。

また私の周囲(大学の授業を隣の席で受講しているレベルの親近感)で

この業界から内定を得た何人かの学生や、

別業界で勤務していたが外資系金融に転職した人、

この業界から他の業界に転職した人も結構いますので、

役に立つのかよく分かりませんが情報提供を。

 

私が主に関わったのはJPモルガンモルガン・スタンレー(当時)です。

JPモルガンについては、コンラッド汐留ホテルで開催された

全部門が一同に集まって行われた会社説明会と、

JPモルガン本社で開催された

オペレーションズ部門の部門説明会兼懇親会に参加しました。

コンラッドは、ヒルトン系列最上位のホテルブランドです。

 

関西からこれらのイベントに参加しましたが、

スーツケースはもちろんホテルで預かってもらえます。

コンラッド汐留ホテルで開催された

全部門が一同に集まって行われた会社説明会では、

各部門のベテランから若手まで様々な社員の方が集まっていました。

株式調査を行う部門は特に学生からの人気が高く、近づけませんでした。

 

落ち着いている雰囲気を放っていたのが、

アセットマネジメント部門(確か)でしたので、

こちらの男性社員・女性社員の方々からお話を伺っていました。

男性社員の方から勤続年数を伺い、

仰った勤続年数がかなり長い(確か10年とかそういうレベルの長さ)と感じたので、

外資系金融は人材の流動が激しい業界ですが、

何故そんなに長い間同じ職場で働かれているのでしょうか』と、

当時学生だった私は社員の方に伺いました。

社員の方は、『良い質問』と仰ってくださり、

『大切な顧客と長期的な信頼関係を築いており、

その顧客の皆様のために尽くしたいので、同じ職場で働いている』という

趣旨のことを仰っていました。

 

今から思えば、優秀な社員の方であれば、社内で長く働けますし、

逆の場合は社内に留まることはできないはずなので、

その方は優秀な社員さんだったんだと思います。

(というか、こういう会社説明会で会社の顔として

出席されている現場の社員さんは、

選りすぐりの優秀な社員さんなんですけれどね。)

 

 

ボストンキャリアフォーラムの開催、もうすぐですね。

海外大生や留学中の皆さんも頑張って。

続きはまた今度。