吹田の政治家や政党、行政、日本の政治を吹田の元気な会社員、重野恵子(じゅうのけいこ)がなるべく中立の立場から分かりやすく徹底解説。2019統一地方選 吹田市議会議員選挙まで2年。世界と吹田市の最先端へようこそ。有識者も頼りにする、じゅうのけいこ(重野恵子)の視点。筆者は高倍率の選抜を経て、日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した 信託基金事業に係る国際連合教育科学文化機関からの助成を受け ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し 街づくりに関して調査研究を行って参りました。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。マネジメントの父、ドラッカーは『組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、 あるいは成果が認められないときには辞めることが 正しい道である。』と述べていますが、私は腐った組織は治療します。略歴:ブリティッシュ・コロンビア大学に大学間の協定に基づき留学。Sauder School of Businessにて会計学やファイナンスを学ぶ。成績優秀者のみに支給される奨学金を獲得。立命館大学開講科目にてゲストスピーカーを務める。

共産党 村口久美子さんのプロフィールや政策など 第48回衆院選 衆議院議員選挙2017 大阪7区(吹田市・摂津市)候補者

皆さんこんにちわ、吹田の元気な会社員、重野恵子(じゅうのけいこ)です。

民進党から大阪7区より立候補予定だった元俳優の乃木涼介さんは、

2017年10月3日付で希望の党から神奈川にて立候補されることが分かりました。

これには同じ大阪7区で戦う予定だった渡嘉敷さんも驚かれていました。

私も驚いています。乃木さんの新たな地でのご活躍を祈念します。

 

したがって、大阪7区で立候補されるのは3名と思われます。

引き続き、候補者を淡々と紹介します。

一応誤解の無いように記載しますが、私はいわゆる無党派でして、

どこかの党の党員やその関係者ではありません。

 

日本共産党 村口くみこ(村口くみ子)さん

f:id:JunoVision:20171005012714j:plain

 2017年9月30日に、吹田市役所近くのスーパー ライフ前で

行われていた村口さんの街頭演説を聴いてきました。

村口さんは、ポスターの写真よりも実物の方が可愛いなと感じました。

政治家の方に実際にお会いしたり、政治家の方の動画を見たりすると、

写真と実際の外見が全然違うやん、写真の画像修正しすぎとちゃいますかね、

という方も少なくないのですが、実物の方が美しいケースだと、

候補者や陣営に対して好感をもてます。

まあ、美しいとか美しくないとかは個々人の主観に基づくものですけれどね。

 

吹田市議会議員の方にも、

選挙公報の写真と実物が違いすぎて実物を見ても誰か分からない…

という方はいらっしゃいましたよ。ええ。

こういうケースだとあまり好感を持てないです。

 

さてさて、村口さん陣営からは、広報物をたくさん頂きました。

ありがとうございました。

党の政策や、ご本人のプロフィールも載っていますので、ご確認下さい。

f:id:JunoVision:20171005013350j:plain

f:id:JunoVision:20171005013833j:plain

共産党さん特有の表現方法なのですが、ひらがな表記が多様されております。

この広報物だと、『たおす』『こわす』『おいつめられた』などでしょうか。

広報物の内容そのものより、平仮名表記にした言葉のチョイスが気になります。

いつも、何故この言葉だけ平仮名にしたのか?と考えてしまいます。

ビラを見て、共産党さんはザ・野党なんだな、と改めて感じました。

与党がさらに洗練されるためには、確かな野党が必要。

 

f:id:JunoVision:20171005013925j:plain

f:id:JunoVision:20171005013906j:plain

村口さんは、吹田市生まれでして、お子さんがいらっしゃること、

これらの情報を積極公開されているあたりが他の候補者との違いでしょうか。

渡嘉敷さん、奥下さんって、このあたりの情報は分からないんですよね。

 

意図されたものかは分かりませんが、

おめかしした服装ではなく、普段着のような服装で、自転車を押されている写真からは

親近感を感じます。市民目線、生活者目線がある感じが伝わってきます。

高級スーツを着て、移動の際タクシーに乗っている方よりは、

親近感を感じやすいのかなと思います。

 

そんな村口さんも、渡嘉敷さん同様、

2018年の街頭演説の予定が決まっているようです。

  

ところで、『じゅうのさん、著作物をブログにアップしているけれど、

勝手にアップしているんじゃないの?ちゃんと著作者の許諾を得たの?』

と思ったそこのあなた。よい疑問です。

共産党さんから、これら著作物は自由に利用してよいとの許諾を頂いています。

共産党選挙対策局さんどうも有難うございます。

村口さんの演説中に、かなり至近距離でご本人の写真を撮影させて頂いたのですが、

『ありがとうございます』と仰ってくださいました。

こちらこそどうも有難うございました。

 

今回の衆議院選挙に関する過去の記事はこちらから。