吹田の政治家や政党、行政、日本の政治を吹田の元気な会社員、重野恵子(じゅうのけいこ)がなるべく中立の立場から分かりやすく徹底解説。2019統一地方選 吹田市議会議員選挙まで2年。世界と吹田市の最先端へようこそ。有識者も頼りにする、じゅうのけいこ(重野恵子)の視点。筆者は高倍率の選抜を経て、日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した 信託基金事業に係る国際連合教育科学文化機関からの助成を受け ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し 街づくりに関して調査研究を行って参りました。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。マネジメントの父、ドラッカーは『組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、 あるいは成果が認められないときには辞めることが 正しい道である。』と述べていますが、私は腐った組織は治療します。略歴:ブリティッシュ・コロンビア大学に大学間の協定に基づき留学。Sauder School of Businessにて会計学やファイナンスを学ぶ。成績優秀者のみに支給される奨学金を獲得。立命館大学開講科目にてゲストスピーカーを務める。

堺市長選挙2017におけるマーケティングあれこれ(ゆるめ)

皆さんこんにちわ、重野恵子(じゅうのけいこ)です。

 

今日は堺市長選挙2017について気の向くままに自由にゆる~く書きます。

堺市は、大阪市の南に位置する政令指定都市で、

関西の政令指定都市は、大阪市、神戸市、京都市堺市の4市です。

維新が公認している新人と、自共民進etcが応援している現職が

対立しています。公明党は自主投票ということになっています。

 

現職竹山氏は『堺はひとつ』というキャッチコピーを掲げており、

こういう市民に一体感を感じさせるコピーは、

有権者の心に響きやすいのかなと思います。

社会への帰属意識を喚起させるコピーとでもいうべきでしょうか。

『誰にとっても分かりやすい』コピーであることは重要ですよね。

 

大阪維新の会『One Osaka!』というキャッチコピー(ロゴ?)を掲げており、

これも府民に一体感を感じさせる内容となっています

英語なので、カッコ良さ、スタイリッシュさがありますが

他方、特定層にはあまり響かないのかなと思います。

 

新人永藤氏は『成長か、停滞か』というコピーで、

これも有権者にとって分かりやすいコピーですよね。

 

竹山氏は御年67歳ですが、

Facebookで竹山氏のスタッフが頻繁に政策や実績を発信しており、

発信力は強いなと感じます。政策や実績が非常に分かりやすくアピールできている。

他方永藤氏は維新関係の市長や議員、政党による発信はあるのですが、

本人や陣営の発信力は弱いなと感じます。

有権者誰もが演説会に行けるわけではありませんし、

良いホームページを作成しても有権者が見なければ意味はありません。

街頭演説や演説会、ビラ、ポスター、有権者に訴える手段は多数ありますが、

永藤氏の陣営はSNSをもっと積極活用したらいいのにな、と感じました。

 

竹山陣営については特設サイトのトップページの竹山氏は

金縁メガネ、オメガのイエローゴールドの入ったコンステレーションの時計

(タイプにもよりますが価格は推定約130万円)が

印象的でしたので、もう少し万人受けする写真に差し替えたら

より洗練されるのかなと思います。

 

www.sakai-hitotsu.jp

www.omegawatches.jp