2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)について適当にメモ書きしたり、吹田市役所を動かしたことなどを記録している、吹田の元気な会社員じゅうの(重野)恵子のブログです。筆者は高倍率の選抜を経て、日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した 信託基金事業に係る国際連合教育科学文化機関からの助成を受け ユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し 街づくりに関して調査研究を行って参りました。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。マネジメントの父、ドラッカーは『組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、 あるいは成果が認められないときには辞めることが 正しい道である。』と述べていますが、私は腐った組織は治療します。略歴:ブリティッシュ・コロンビア大学に大学間の協定に基づき留学。Sauder School of Businessにて会計学やファイナンスを学ぶ。成績優秀者のみに支給される奨学金を獲得。立命館大学開講科目にてゲストスピーカーを務める。

後藤圭二吹田市長の資産公開、一歩前進!!

皆さんこんにちわ。

吹田市民の、じゅうのけいこ(重野恵子)32歳です。

 

後藤圭二吹田市長の資産公開について一歩前進しました。

現在の吹田市ホームページにおける市長の資産公開の手法は、

資産の期間ごとの比較が可能になっていないので、

2017年8月28日付で吹田市長に対し是正を要請していました。

後藤圭二氏は現在任期三年目なのですが、ホームページで公開されている資産は

現時点では2016年12月31日時点での資産しか公開されていません。

市長の資産の増減の推移を確認したいと考えました。

一時点での資産だけ公開されても、それがどういう風に増えたか、

あるいは減ったかは、他の時点と比べようがないので、分からないんですよね。

市長の資産がどのように増減したか、の期間比較性が

市民に対して担保されるべきなんです。

会計学の世界では期間比較性の担保は当然の要請です。

 

他の自治体、例えば大阪市では、大阪市長の資産の期間比較が可能となっており、

1年間で市長が約1億円の借金を背負うことになったことや、

金銭信託で約4000万円の損失を出したことが一目瞭然です。

大阪市長さん、大丈夫かしら。

 

このたび、2017年9月11日付けで吹田市からは

『公開期間については今年度以降、継続して掲載する』回答を入手しました。

市民の皆さんにとって、市長の資産の期間比較が簡単に行えるようになります!!

吹田市の情報公開が一歩進みました!!

 

 

ところで私は大阪府議会議員を見習って

吹田市議会議員も資産公開すればいいのにと思っています。

皆さんはどう思いますか?

 

前回のやや脱線気味の記事はこちら。

junovision.hatenablog.com