2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)について適当にメモ書きしたり、吹田市役所を動かしたことなどを記録している、吹田の元気な会社員じゅうの(重野)恵子のブログです。筆者は高倍率の選抜を経て、日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した 信託基金事業に係る国際連合教育科学文化機関からの助成を受け ユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し 街づくりに関して調査研究を行って参りました。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。マネジメントの父、ドラッカーは『組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、 あるいは成果が認められないときには辞めることが 正しい道である。』と述べていますが、私は腐った組織は治療します。略歴:ブリティッシュ・コロンビア大学に大学間の協定に基づき留学。Sauder School of Businessにて会計学やファイナンスを学ぶ。成績優秀者のみに支給される奨学金を獲得。立命館大学開講科目にてゲストスピーカーを務める。

フィギュアスケート 織田信成元選手、宮原知子選手への吹田市長賞の贈呈を可能にするために吹田市長賞の贈呈基準を変更するよう要請

皆さんこんにちわ。吹田市民の重野(じゅうの)恵子です。

スケートシーズンが始まって、スケートを見るのに大忙しです。

NHK杯のチケットはとれましたか?私はとれませんでした。私の同僚も。

2017年8月27日付で宮原知子選手へ吹田市長賞の贈呈を吹田市長に要望していました。

その時の記事はこちら。

junovision.hatenablog.com

2017年9月11日に吹田市秘書課から回答を入手しました。吹田市からは、

吹田市長賞におけるフィギュアスケートの世界的規模の大会は、

オリンピック及び世界選手権としています。

以上、御理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。』とのことでした。

 

私は、グランプリファイナルも吹田市長賞の対象とすべきだと考えますので、

2017年9月12日付で吹田市長に対し是正を要請しました。

何故なら、国際スケート連盟は、

グランプリファイナル、オリンピックおよび世界選手権において、

選手に与える世界ランキングのポイントを同じとしているからです。

これら3試合において、例えば1位だと、どの試合でも1200ポイント加算です。

2位以下も同様です(※グランプリファイナルは6位まで)。

 

また、特にオリンピック直後の世界選手権は、

消化試合の側面があり、強い選手が出場しないケースがあり、

実質的には世界選手権よりも同じシーズンのグランプリファイナルの方が

(選手が獲得する得点は別にして、)レベルが高い選手が多い場合もあります。

 

例えば、2014年の世界選手権において、

男子シングルではソチオリンピック銀メダリストのパトリック・チャン選手が、

女子シングルではソチオリンピック金メダリストのアデリナ・ソトニコワ選手や

銀メダリストのキム・ヨナ選手は不参加でした。

 

さらにオリンピックや世界選手権では一つの競技カテゴリーにおいて、

同じ国から出場できる選手の数は最大3ですが、

グランプリファイナルにおいては制限はありません。

 

それ故、グランプリファイナルは、

国籍にかかわらずレベルの高い選手の出場が可能となり、

世界選手権よりも、より高いレベルの試合となりえます。

 

例えば2013年グランプリファイナルの女子シングルでは、

同じロシアから、アンナ・ポゴリラヤ選手、アデリナ・ソトニコワ選手、

エレナ・ラジオノワ選手、ユーリャ・リプニツカヤ選手が出場していました。

(卓球ではアジア選手権の方が世界選手権よりレベルが高いらしいですが、

それと一緒なのかなと思います。)

 

さらに、この度、過去にグランプリファイナルで3位に輝いた織田信成元選手にも

吹田市長賞を与えることを要請しました。

もし織田選手に吹田市長賞を過去に与えなかったことに対して、

対外的に記者からつっこまれたら、

『同選手が関大スケート部の監督になったため、

今後も吹田市や市内の大学の名声の向上等に寄与してくれる役割が期待される』的な

回答でよいかと思います。と、吹田市に助言もしました。

 

リプニツカヤ選手、公式に引退発表しましたね。

前からリプニツカヤ本人から重大発表がある旨の発信はありましたので、

なんとなく予感はしていましたが、大変残念です。

 

彼女の演技としてはソチオリンピックシンドラーのリストが有名ですが、

私が彼女の演技で1番好きなのは、彼女の故郷エカテリンブルクで開催された

2016年12月のロシア選手権ショートプログラムです。

コーチをエテリ・トゥトゥベリーゼから、アレクセイ・ウルマノフへ

変更して間もない頃の試合なのですが、

ユーリャがずっと苦手だったルッツのエッジも正確で、

しかも加点要素になるタノつきで飛べるようになっています。

苦しい時期が続いていたからこそ、ユーリャの演技に感動しました。

 

www.youtube.com

 

このadidasのCMもいいですよね。かっこいい感じ。

www.youtube.com