2019統一地方選 吹田市議会議員選挙は誰に投票すべきなのか、重野恵子が分かりやすく徹底解説の予定。世界と吹田市の最先端へようこそ。有識者も参考にする、じゅうのけいこ(重野恵子)の視点。

マネジメントの父、ドラッカーは『組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、 あるいは成果が認められないときには辞めることが 正しい道である。』と述べているけれど、重野恵子は腐った組織は治療します。本ブログは政治色が強めとなっておりますが政治活動を行っているわけではありませんので誤解のなきよう。行政はもう少しちゃんと仕事をして欲しいな。政治家任せではなく市民として主体的に市に働きかけようと考えて行動している吹田市民です。平日はガッツリ働くOLです。政治的に中立の立場での発信を一応心がけています。

約3900万円もの市民の血税を報酬とする吹田市の農業委員、22人もいります?

家族や同僚に出してみたくなる、吹田市の農業・農業委員クイズです!

吹田市の農業就業者数は、何人でしょうか?

吹田市の農業委員数は、何人でしょうか?

吹田市の農業委員数は、大阪府で何番目に多いでしょうか?

吹田市の農地面積は、大阪府内で何番目に広いでしょうか?

⑤農業委員の報酬は、いくらでしょうか?

⑥農業委員一人あたりの報酬金額は、府内で何位でしょうか?

 

全国農業会議所(吹田市農業委員会 -農業委員会活動整理カード-)の

2017年4月1日時点の情報によると、吹田市における農業就業者数は112人です。

その一方、農業委員の人数は22人です。

農業就業者と農業委員の関係って、

吹田市民と吹田市議会議員の関係のようなものだと思っていますが、

22人も農業委員いりますか?

吹田市民は約37万人、それに対する吹田市議会議員は36人です。

 

大阪維新の会の議会報告Vol.6によると、

農業委員の人数は大阪府内の市町村で最も多い22名であり、

『また、その報酬は、平均の2倍にあたる49,000円で、

大阪府内で2番目に高い報酬となっています。』とのことでした。

調べたところ、会長がもらえる報酬はより高額で月額54,000円、

副会長は月額51,000円です。

http://www.city.suita.osaka.jp/reiki/d1w_reiki/323901010074000000MH/323901010074000000MH/323901010074000000MH.html

 

農業委員は市議会議員の方も、複数人就かれています。

前回4名(吹田新選会、共産党議員、自由民主党議員等)、

今回2名(共産党、吹田翔の会議員)でした。

つまり、議員報酬65万円~多い人で74万円ももらいながら、

農業委員の報酬ももらえるというおいしい仕事。

しかも、農業委員に立候補したのは定数22人に対したった25人なので、 

立候補した人は高確率で選ばれる、おいしい委員。

 

私は2017年7月30日付で吹田市長に対し、

農業委員の定数を削減するよう要請しました。

 

吹田市からは、2017年8月9日付の吹田市長名の書簡で、

地域経済振興室より、

吹田市農業委員会の委員の定数につきましては、

農業委員会の委員の皆様のご意見をお聞きし、

現行の農業委員会の委員の任期中に検討してまいります。』

との回答を得ました。

 

農業委員が自分達の定数を削減できるのか?

自分達の立場を守る結論しか出さないのではないか?という疑問が残ります。

農業委員の任期は3年ですが、

その間に農業委員に支払われる報酬の総額は、何と約3900万円。

年間に換算すると約1300万円ですが、

それに対して吹田市の農業産出額は、たった年間1億1千万円です。

つまり農業産出額の10%以上の金額が農業委員に対する報酬なんです。

 

皆さんは、農業委員の数、多い、少ない、どう感じられますか?