吹田の政治家や政党、行政、日本の政治を吹田の元気な会社員、重野恵子(じゅうのけいこ)がなるべく中立の立場から分かりやすく徹底解説。2019統一地方選 吹田市議会議員選挙まで2年。世界と吹田市の最先端へようこそ。有識者も頼りにする、じゅうのけいこ(重野恵子)の視点。筆者は高倍率の選抜を経て、日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した 信託基金事業に係る国際連合教育科学文化機関からの助成を受け ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し 街づくりに関して調査研究を行って参りました。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。マネジメントの父、ドラッカーは『組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、 あるいは成果が認められないときには辞めることが 正しい道である。』と述べていますが、私は腐った組織は治療します。略歴:ブリティッシュ・コロンビア大学に大学間の協定に基づき留学。Sauder School of Businessにて会計学やファイナンスを学ぶ。成績優秀者のみに支給される奨学金を獲得。立命館大学開講科目にてゲストスピーカーを務める。

星に至らん望み持て 議会報告会と兵庫県立長田高等学校の卒業生と。

自分の住んでいる街、吹田市大阪府において

どのようなことが課題となっているのか、

また、それがどう解決されていくのかについて興味を持っていました。

 

政治については特に支持政党はなく、マスコミの情報や識者のブログ、

吹田市の発行する吹田市議会だよりや街頭で議員の方が配っているビラ、

自宅に投函される議会報告書等を分析しているだけだったのですが、

このたび、たまたま開催を知った、

日本維新の会 大阪府吹田市支部の議会報告会に行ってきました。

 

議員の方のお話を直接伺うことで、見えてこなかった部分が見えてきたり、

勉強になることも多く、また議会報告会に参加される方が

どのような方々なのかについても知ることができました。

休日に開催されていましたが高齢の方が多かったです。

 

議会報告会の後には懇親会もありました。

以前に秘書の方を通じ、やりとりをしたことのある

府議会議員の方もいらっしゃったのですが、議員の方と直接お話ししたのは初めてで、

少し緊張しました。

皆さんお話ししやすく、親しみやすい方達でした。

議員の方に要望もお伝えすることができました。

 

たまたま近くの席に座られた方が、

なんと私と同じ兵庫県長田高校を卒業された先輩でした。

すごい偶然。

私は56回生なのですが、そのおじいちゃんは11回生。

 

仲良くなり、議会報告会が終わった後、一緒にお茶をして、

吹田市政のことや、高校時代のことについて話すことができました。

 

おじいちゃんが帰り際に見せてくれたのは、

長田生が卒業の時に高校から贈られるメダル。

Ad astra、星に至らん という意味が込められたメダルです。

贈ってくださった先生方の思いを、思い出すことができました。

 

無くしたくないあの頃の意志。本気で世界を変えたいと。

www.youtube.com