吹田市議会議員じゃないけれど吹田市政を改革している会社員。ようこそ世界と吹田市の最先端へ。2015吹田市議会議員選挙で当選した議員(任期は2019年まで)や、吹田市役所を動かしたことなどを記録している吹田市民のブログです。

2017年10月3日よりカウンターを設置しました。現職吹田市議会議員や有識者も読んでいる重野(じゅうの)ブログへようこそ。筆者は日本政府が国際連合教育科学文化機関に拠出した信託基金事業に係る 国際連合教育科学文化機関からの助成を受けて ACCUユネスコ・アジア文化センターが実施した事業に参画し、街づくりに関する調査研究を行って参りました。市政に関するご要望については、平日日中働いているためご対応が難しい場合もありますので、その点はご了承下さい。本ブログ各記事の転載・転用は部分的な引用も含め禁止します。

吹田市の消防団に女性は入団できないという課題はどう解決するのか。隣接する豊中・摂津・茨木・大阪市では女性でも消防団に入団できます。

皆さんこんにちわ。

吹田市の元気な会社員、じゅうのけいこ(重野恵子)です。

台風24号は皆さん大丈夫でしたでしょうか。

台風21号で被災してから、まだ十分復旧できていないよ、という方も

いらっしゃったと思います。

被災された方に心よりお見舞いを申し上げます。

◆◆◆

 

普段から地域のパトロールをしては

危険性が懸念される点や改善すべき点を

がんがん行政に伝える活動を単独で行っていたのですが

このたび前から興味を持っていた吹田市消防団入団したい旨を、

窓口となっている吹田市に伝えました。

 

「女性の団員は男性と役割が違うよ」という内容の連絡があるのかな、

と想定していたところ

まさかの「女性の入団はできない」という趣旨の回答を受領しました。

消防団というのは別に平日働いている会社員でも入団できます。)

 

吹田市は、表向きは、

全国的な女性消防団員の役割は、火災予防を主とした普及活動

吹田市では、

家庭防火クラブが火災予防・初期消火方法の知識と技術を習得して活動している

よって吹田市では女性消防団員は不要」という理論を展開されています。

 

うーん。

本音は、「男性だけの方がやりやすい」「今までのやり方を踏襲するのが楽」

というような考えで、ただ単に女性の入団を認めたくないだけなのではないかな?

と推測しています。

 

 

ちなみに豊中、茨木、摂津、高槻、大阪市などの近隣自治体では、

女性でも普通に消防団に入団できます。

 

下記吹田市消防団の募集の決まりにも、

「女性は応募できない」との記載はありません。

http://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-shoubo/syoubosomu/_80834/original/003965.html

 

 

火災予防を主とした普及活動、というのは

防災教育などの活動を指していると思いますが、

それ以外にも、

ポンプの点検や

災害発生時の情報収集や後方支援など

女性にも消防団員としてできる役割はあります。

その役割を与えもせずに、

女性に入団を認めないというのは、

行政の裁量権の濫用であり、明らかに違法という感じがします。

 

そもそも吹田市は、人口が増えていく一方、

消防団の定数250人のうち、

近年はその定数の70%程度の消防団員しか確保できていない状況です。

 

 

吹田市の2017年の火災件数は58件で、

この数はゼロ件になるのが理想なのは言うまでもありません。

今年も吹田市内で、火災によって亡くなられた方が複数います。

 

 

私は、基本的には不必要な行政コストはとことん削減したいという考えなのですが

消防団については、女性にも入団を認め、

より定数に近い数の消防団員に各種活動に従事してもらうほうが、

火災発生の予防に繋がりますし、

いざという時には市民の皆さんのためにもなると思うのです。

 

(なお、自治体規模がほぼ同じの豊中市消防団の定数は、

吹田市の定数の2倍以上の575人です。

ただ、消防職員数等も考慮にいれるべきなので単純比較はできません)

 

◆◆◆

この吹田市消防団に女性は入団できない問題、

どのように解決しようかしらと思っているところです。

・裁判を起こす のは、

大阪地裁第2民事部がどのような判断するのかには興味がありますが

平日会社を休んで裁判所に行くのがちょっと面倒なので

 

男女共同参画苦情等処理委員に苦情を伝える

・後藤市長に直接要望を伝える→対応済

・再度行政に意見する

・議会・議員に意見する(特に自民党の泉井ともひろ議員は消防団員)

全部やろうと思います。

 

後藤市長に対しては、 

「既存の団に参加する というのでも構いませんし、

女性だけの団をつくる という形式もよいと思います。

後者の場合は、

団の名前を一般市民から募集するという手法が好ましいと思いました。」

と建設的に提案しておきました。

女性だけの団をつくる場合、

団名は、吹田市の花がさつきなので「さつき団」がいいかなと思っています。

 

なお、このエピソードを同僚に話したところ、爆笑されて、

裁判起こしたらと言われました。

吹田市議会議員が政務活動費を遣って視察に行った際に支払われている日当について。

皆さん、こんにちわ。

吹田市の元気な会社員、じゅうの けいこ(重野 恵子) です。

 

議員が税金を遣って視察に行くことについては、

本当に必要な視察ならその費用対効果を考えた上でどうぞ行ってください。

但ししっかりと視察そのものの必要性や日程等の検討、

事前の学習や現地での研究、事後報告を行って、

成果物を具体的な形で国民・府民・市民に還元してね。」

というのが私の考えです。

 

「視察旅行に行って勉強しました。

報告書作って議会事務局に提出しました。

勉強になったし、楽しかったです。」

では、ダメで(そんな議員がいるのかは知りませんが)、

その後の議会活動等を通じて市政・府政、国政に活かしてもらわないと

あまり意味はありません。

 

ところで、市民の皆さん、

吹田市議会では、政務活動費を遣って吹田市議会議員が視察に行った際、

それが宿泊を伴うなど一定の要件を満たす視察であった場合には、

議員に対して日当が支給されていることについて

ご存知でしたか?

例えば、ゼロ泊一日だと3000円。

一泊二日だと6000円というような具合です。

常任委員会等での行政視察の際にも、一定の要件を満たす視察であった場合には、

議員には日当が支給されています。

 

そもそも日当って何かというと、

吹田市の条例の中で、

日当についての定めがあるのは吹田市旅費条例でして、

ある程度は第4条や第8条に明示されています。

 

吹田市旅費条例より抜粋

「第4条 旅費の種類は、鉄道賃、船賃、航空賃、車賃、通行料、日当、宿泊料、移転料、着後手当及び扶養親族移転料とする。」

「同7 日当は、旅行中の日数に応じ1日当たりの定額により支給する。」

「第8条 日当及び宿泊料の額は、別表のとおりとする。
 2 前項の規定にかかわらず、片道につき鉄道旅行にあつては100キロメートル未満、水路旅行にあつては50キロメートル未満、陸路旅行にあつては25キロメートル未満であつて、宿泊を要しないものについては、日当は、支給しない。」
 
これだけ読んでも 日当って何なの? って思いますよね?

吹田新選会の足立ノブカツ(足立将一)議員が

視察に行った際の旅費明細書が分かりやすいと思うので掲載しますが、

日当は、その大部分が食費に該当するようです。 

日当が3000円で、昼食代、夕食代として差し引かれた金額が

それぞれ850円だったことを鑑みると、

3食の場合は2550円(850円×3食)になりますね。

あとの450円(3000円-2550円)は何なのだろう…?と思いませんか?

何なんでしょうね。

f:id:JunoVision:20180926224726p:plain

 

昨今の各地の地方議会の改革の方向性の特色としては、

このような日当の支給の廃止があげられるのですが、

吹田市議会では、いまだこのような日当の支給が続いています。

 

日当については

①「一般企業でも遠方に出張したら日当が支給されるよ。

 議員さんに支給されても別にいいよ。」

②「うちの企業は不景気だから、日当の支給はなくなったよ。

 議員さんへの支給もやめて欲しいよ。」

③「うちの地元 又は 他の地方議会では、とっくの昔に日当制度は廃止されたよ。

 議員さんのお給料は高給なんだし支給しなくていいよ。」

などさまざまな意見があると思います。

市民の皆さんは、どのように思いますか?

 
さてさて、2017年9月定例会においては、
一部市民(子供、障害者、一人親家庭)が対象の、
医療費助成における
入院時の食事療養費が自己負担に変更となる議案が可決されました。
食事療養費って、つまり入院中の食費のことです。
 
この市民の身をきる後藤圭二吹田市長の改革案賛成したのが、
市長与党ではないとわざわざ頻繁に主張している吹田新選会
自民党公明党、吹田翔の会(川本均議員など)でした。
(議案105号です。)
 
大阪維新の会共産党は仲良く反対(吹田市議会あるある)
 
こういう福祉分野については、
本当に必要で困っている人にはしっかりと財源が行き届くように、
また自分やその周囲が 福祉が本当に必要な立場になった時には
充実したサービスが受けれるといいなぁと思います。
「地域の福祉が充実している」ということは、
たとえ現在恩恵を受けることが少ないとしても、
将来必要になった時には充実した福祉サービスを受けることができるのであれば、
それは地元の住民にとって、安心感に繋がるのではないでしょうか。
(もちろん無駄遣いはダメですよ。)
 
市民の身を削るこの議案について賛成した議員のうち、ある議員は、
自身の開催する誰でも参加できる議会報告会において、公開の場で
「入院しても入院していなくても食費はかかる」という趣旨の発言をされていました。
 
◆◆◆
 
議員が視察に赴いた際に、一定の要件を満たす場合に支給される日当は、
食費に該当する部分がほとんどです。
議員が視察に行っても行かなくても、食費はかかります。
 
吹田市議会は、市民の入院時の食事代を削減して市民の身を削ったのであれば、
自分達も、視察に赴いた際の日当は廃止すべきだと思うのです。
 
が、しかーし。
 
 
 
2018年7月に議会事務局職員に確認したところ、
この日当に関する協議は、特になされていない、とのことでした。
前の任期(2011年~2015年)の時には、協議されていたとのこと。
 
身を切る改革を謳って、2015年の吹田市議会議員選挙で当選された議員の方々は、
未だ議員の身を切る改革は、条例としては何も成し遂げていない状況です。
せめて議案として上程して、公開の場で意見を戦わせて欲しいな、と思いました。
 
市民の皆さんは、どう思いますか? 

今年の漢字2018は「災」なのかなと予想。改修工事中の清水寺の乳がんキャンペーンなど。

皆さんこんにちわ。

吹田市の元気な会社員、じゅうのけいこ(重野恵子)です。

 

最近、急に涼しくなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいですので、皆さんお体にはご自愛下さい。

 

今年ももうあと3か月と半分程になりました。

やり残していることを、ある程度年内に片づけて

スッキリと新年を迎えることができるようにしたいなと思い

大体の計画を策定中です。

 

さて、毎年年末に清水寺今年の漢字が発表されています。

ふと、今年の漢字は何が選ばれるのかな、と思い、

「災」かなと感じました。

 

◆自然災害

記憶に新しいものだけでも、

・2018年6月に発生した大阪府北部を震源とする地震

・2018年7月の豪雨

・2018年9月に日本に上陸した台風21号

大規模停電が発生したり(我が家も停電しました)、

各地で甚大な被害がありました。関空はその代表例。

・2018年9月に発生した北海道胆振東部地震

 

これ以上災害が発生しませんように。

 

 

◆人災

記憶に新しいものだけでも、

・2018年3月に東京都目黒で発生した子供の虐待死

・2018年6月に発生した大阪府北部を震源とする地震

 行政が適切に管理できていなかったブロック塀の下敷きになり、

 子供が亡くなる

 ・日大のアメフト部の選手が関学の選手にタックル行為をする

・日大のアメフト部内のパワハラ(表に出たのが2018年というだけかと思います)

レスリング界のパワハラ(表に出たのが2018年というだけかと思います)

・体操女子界でのパワハラ(表に出たのが2018年というだけかと思います)

ジャルジャル後藤さんの父親の後藤市長が率いる吹田市でおきている

 吹田市職員による吹田市職員に対するパワハラ

 

 

 

吹田市職員が、職務を通じ団体のお金を横領する

 

 

◆◆◆

 

 「今年の漢字」が発表される清水寺は、現在改修工事中です。

清水寺のHPからは、2017年2月から工事をしているということは分かるのですが

詳細は不明。

記事がありましたのでおいておきます。


清水寺エスティ―ローダーグループ株式会社

(百貨店等で扱われているブランドの化粧品や香水などが主力商品の外国企業)

の活動に賛同し、

乳がんキャンペーンを共催しています。

デンマーク出身のフラワーアーティスト

大規模な献花を行い、それが展示されるイベントが

9月28日から10月1日まで開催されます。

https://www.kiyomizudera.or.jp/news

 

乳がん災いですので

女性の方は早期発見できるように、定期的に検査しましょう。

 

すいた平八郎の吹田革命

皆さんこんにちわ。

吹田市の元気な会社員、じゅうのけいこです。

 

先日、たまたま吹田関連の調べものをしていた時にみつけたのですが

吹田関連について情報発信をされている

「すいた平八郎の吹田革命」というFacebookページがあり

そのカバー写真に使われている画像が

とても今の吹田市政を適確に表現しているようで

なかなか面白いです。

 

吹田市役所が湯水と書いてあるコップを持っていて、

コップの中から 紙幣がどんどん飛んでいっています。

 

様々な税金の無駄遣いや不正。

市政に対して怒る市民の方の気持ち、

それをポジティブな形のエネルギーに変えて、

どんどん市政を変えていきましょう◎

 

www.facebook.com

地震で被災したメイアシアターの改修工事に関する責任の所在が吹田市議会で取り上げられています。

皆さん、こんにちわ。

吹田市の元気な会社員、重野恵子(じゅうのけいこ)です。

 

本日より吹田市議会9月定例会の代表質問が始まっています。

 

メイシアターの改修工事や

改修工事に関する後藤圭二吹田市長の政治判断に関しては、

既にMBSがニュースとして報じたり、スイタウェブさんが記事にしたり、と

各種さまざまなところで取り上げられており、

このブログの読者様は吹田市リテラシーが高いと思われるので

それそのものについては割愛します。

(※おさらいしたいよ っていう方はスイタウェブさんのこちらの記事をどうぞ。

https://www.suitaweb.net/articles/maytheater-closure/

 

後藤圭二吹田市長の政治責任が厳しく追及されて然るべき、大大大問題です。

「自分で責任とります」って仰ってますもんね。

 

9月定例会でもメイシアター、あるいはその被害の責任の取り方については

各会派代表質問・各議員が取り上げている、又は取り上げる予定のようです。

http://www.city.suita.osaka.jp/var/rev0/0251/0636/43009-contents.pdf

 

上記リンク先の発言通告によると

市長与党の自民党はどうやら代表質問としては全く取り上げないようです。

自民党の代表質問の質問項目はかなり具体的に書かれており、

メイシアターが出てきそうにはありません。)

 また、市長与党の自民党議員は、個人質問としても

議会で取り上げる気配は全くありません。

(もしかしたら項目の「その他」に含まれるのかもしれませんが、

自民党議員は議会の場では、誰も一切触れないのかもしれません。

 

◆◆◆

 

「事前に予測されていたことなのに、

何故防げなかったのか。

「開館中に地震が発生していたら複数の死者が出ていた可能性もある。」

メイシアターで開催予定だった楽しみにしていた

イベントがキャンセルになってしまった」

「またメイシアターを休館するとなると、

その期間は収入が入ってこなくなってしまう」

メイシアターというのは吹田市が100%出資している法人によって

運営されており、

法人の役員は春藤副市長(元吹田市職員)や、吹田市の元副市長、

教育委員会委員長が務めています。いわゆる天下り団体。

 

本件について、多くの市民の皆さんが

残念に、また腹立たしく思っていらっしゃるのではないでしょうか。

◆◆◆

 

メイシアターがこのような状況になっているのは、

吹田市長側に責任があるのは言うまでもありませんが、

吹田市議会側にも責任があります

今回のことを見越して、議員がまとまって何らかの議案を作成し

可決するなりし、市長側に然るべき行動をとらせていれば、

今回のことは防げていたと私は考えます。

 

吹田市議会の議事録で

メイシアターの改修工事や耐震性に関する部分について、

地震発生前に、どの議員がどのようにとりあげていたか、

適当に調べてみました。

 

・吹田新選会 後藤議員、石川議員、足立議員

平成28年9月定例会 9月13日 02号の議事録

吹田新選会 後藤議員は、

「財政的な見地からメイシアターの改修工事そのものを

数年延期することを選択肢の一つとして提案」しています

これは吹田新選会の会派を代表しての質問なので、

石川勝議員、足立ノブカツ議員も、選択肢として提案することに同意している、

という風に受け止められます。

 

私は、財政支出が一時的に多くなっても、

必要な設備投資や改修等は必要なタイミングで行うべきと考えます。

 

・吹田新選会 石川議員

 平成28年9月定例会 9月15日 04号の議事録

吹田新選会 石川議員は、メイシアターの改修工事の工事費と、

その見込み額の差耐用年数今後の改修見込み額について確認しています。

また、再検討の必要性については後藤圭二吹田市長と理事者に対して

確認しています。

 

公明党 浜川議員

平成28年9月文教市民委員会 9月20日

公明党浜川議員は、メイシアターの改修工事をすることによって、

メイシアターが避難所としても使用できるのか確認しています。

天井の耐震化にもしっかりと言及されています。

事前にちゃんと議会で取り上げてくださっていたんだな、と思いました。

 

公明党 浜川議員

平成29年3月文教市民委員会 3月10日

公明党浜川議員は、メイシアターの入札方法についても取り上げられています。

 

 

個人的には浜川議員の指摘されていた通り、

入札のやり方も、好ましい方法ではなかったのではないか、と思います。

今のメイシアターを造られたところは、

この工事に入札したかったけれども

入札方法の制限により入札できなかった、というようなことを、

私は市民の方から伺っています。

 

・吹田新選会 石川議員

平成29年3月文教市民委員会 3月10日

天井のやりかえの必要性等について、取り上げられています。

事前にちゃんと議会で取り上げてくださっていたんだな、と思いました。

 

公明党 浜川議員

平成29年5月文教市民委員会 5月25日

メイシアターの耐震基準について確認されています。

 

・当時一人会派 五十川議員

平成29年5月文教市民委員会 5月25日

メイシアターの安全性、特に天井部分について取り上げられています。

事前にちゃんと議会で取り上げてくださっていたんだな、と思いました。

 

大阪維新の会 斎藤議員 

平成29年5月定例会

代表質問なので、他の維新の議員さんも同じ考えかと思います。

メイシアターの天井の危険性について指摘されています。

事前にちゃんと議会で取り上げてくださっていたんだな、と思いました。

 

・当時一人会派 梶川議員

平成29年5月定例会

吹田市は市民の代表者である議員に対し、

メイシアターの改修の今後の展望について、

説明を拒んでいた」ことを取り上げています。

 

・当時一人会派 池渕議員

平成29年5月定例会

メイシアターの天井が落下した際の懸念について、指摘されています。

事前にちゃんと議会で取り上げてくださっていたんだな、と思いました。

 

日本共産党 玉井議員

 平成29年5月定例会

会派を代表する意見だったので、他の共産党の議員さんも同じ考えかと思います。

この時、はっきり天井の耐震化の工事が実施されないことを述べられた上で

議案に反対されていました。

 

・当時一人会派 馬場議員

平成29年5月定例会 

メイシアターの改修工事の落札業者が決まっていないのにもかかわらず、

リニューアルオープン後のメイシアターの予約受付を開始した

吹田市の浅はかさについて指摘されています。

事前にちゃんと議会で取り上げてくださっていたんだな、と思いました。

 

◆◆◆

 

 ふー疲れた。漏れている議員さんや、議員さんの活動もあるかもです。

これだけ多くの議員さんが繰り返し取り上げていたにもかかわらず、

後藤市長率いる吹田市政はメイシアターを大問題にしてしまいました。

 

特に、馬場議員が取り上げていた

メイシアターの改修工事の落札業者が決まっていないのにもかかわらず、

リニューアルオープン後のメイシアターの予約受付を開始した

吹田市の浅はかさ」は、やはりどうしようもなく浅はかだなと思いました。

再々入札ということもできたはずですし。

 

吹田市議会議員の方々は、

このような問題になる前に、まとまってアクションを起こすことができたので、

大きな政治判断を伴うことではあったものの、

市長側に裁量を大きく残す形での付帯決議や請願などは可決できたと思います。

請願に至っては、議員一人と市民一人がいれば技術的には議案として出せるので

一人会派でも採用できた手法です。

 

 あと、議会に関しては、付託する委員会についても、

工事に関する事柄もあったので文教市民委員会だけではなく

建設委員会にも付託するとか、合同で委員会を開催すればよかったのと思います。

工事に詳しい議員が建設委員会にいたのに、

何故文教市民委員会のみで扱ったのかという疑問も。

余談ですが、吹田市議会は定例会の質問日に議員が質問できる時間が

25%削減されています。

議員の議会活動そのものを議員自ら縮小しようという

傾向があるのではないかということが疑問視されています。

 

この間の地震で、メイシアターの安全性が十分でないことによって

死傷者が出なかったことが、本当に不幸中の幸いです。

 

市民に市政の状況を伝えるのも

議員の自発的な仕事のうちの一つと私は思います。

このようなメイシアターの状況について、

調査や情報の公開を進んで行われている五十川議員や、

発信力自体はそれほど強くないにしても

積極的に情報の公開をされていた大阪維新の会の斎藤議員は

好感がもてました。

吹田市公平委員会って何してるの?誰が公平委員なの?吹田市役所の職員さんは、パワハラ・セクハラ問題は公平委員会にも相談できますよ。

皆さんこんにちわ。

吹田市の元気な会社員、重野恵子(じゅうのけいこ)です。

 

吹田市選挙管理委員会に引き続き、

吹田市の行政委員会が

積極的に公開していない情報を皆さんにご紹介します。

 

今回は、吹田市公平委員会についてです。

そもそも公平委員会というのは何してるの?

と思われた市民や吹田市関係者の方もいらっしゃるのではないかと

思いましたので、説明すると、

公平委員会というのは

地方自治法第180条の5第1項3号および地方公務員法第7条2項において

設置が義務付けられている機関で

職員の任免や懲戒など、人事権の行使を適正に行うために設けられた

任免権者から独立した機関です。

 

吹田市公平委員会のHPにある案内は、

かなり少なく

抜粋すると

『 新着情報「新着情報はありません。

  業務内容

  「職員からの勤務条件についての措置要求に関すること

   職員からの不利益処分についての不服申立てに関すること

   職員からの苦情相談に関すること 

   その他法律に基づく公平委員会の権限に関すること

  公開資料

  「平成29年度 該当する資料はありません。」』

という文言が記載されており、

他には部長マニュフェストと部長ブログへのリンクが貼り付けてあるだけです。

 

吹田市|公平委員会事務局

 

以前に、吹田市公平委員会のHPにおける案内の情報量はあまりにも少ない

と感じたので、

公平委員会に対してHPにおける情報量を増やすべきではないか等

2018年8月21日付で意見を伝えました。

 

*****吹田市への連絡文(ごく一部)*****

◆公平委員会さん

公平委員会は、パワハラ被害を受けた吹田市職員さんのための

相談窓口のうちの一つと存じますが

公平委員会のHPの案内について、

もう少し情報量を増やすべきはないでしょうか。

今のHPの案内だと、例えば誰が利用できるのか、

苦情相談について具体的にどのようなことが相談できるのか

非常勤職員でも利用できるのかなど分かりにくいです。

「相談したことによって不当な扱いを受けるのではないか」という

懸念を持つ方もいると思いますので、

相談しても不当な扱いを受けない旨をきっちり明記すべきです。

************************

 

また、吹田市の公平委員会でも、

下記内容については、対応しているとのこと確認しました。

『①任用関係 昇任、転任、異動、分限処分等

 ②給与関係 給与、手当等

 ③勤務条件 勤務時間、休暇、超過勤務等

 ④厚生関係 執務環境等

 ⑤人間関係 セクハラ、パワハラ、いじめ等伊丹市公平委員会のHPより抜粋。)

 

また、公平委員会が

2015年、2016年、2017年、2018年、それぞれの年において対応した

「職員からの勤務条件についての措置要求に関すること」、

「職員からの不利益処分についての不服申立てに関すること」、

「職員からの苦情相談に関すること」 、

「その他法律に基づく公平委員会の権限に関すること」、についても確認し、

以前、公平委員会事務局から、

公平委員は法科大学院教授と弁護士2名が就かれていると伺っていたので、

公平委員の氏名についても確認しました。

どれも公平委員会のHPでは確認できませんが、

『誰に相談するのか』を事前に知っている方が

相談したい人は相談しやすいと思うんですよね。

 

吹田市からは2018年8月29日付で、下記の内容の回答を受領しました。

(この内容は吹田市HPの市民の声でも掲載される予定です。)

f:id:JunoVision:20180906031457p:plain

 

まだ2018年度は半年も経過していないので、

このままいくと相談数は2018年度が、

過去4年間で一番多くなりそうな気がしました。

(相談数の多い・少ないで物事を判断すべきではありませんが)

 

各委員について、自分で調べてみました。

野呂充さん…大学を卒業されたのが、1988年なので50代前半くらいと思われます。

                     大阪大学大学院高等司法研究科教授で、

                     大阪府の収用委員会の委員も務められています。

                          収用委員会というのは、大阪府のHPによると、

                        「公共の利益の増進と私有財産との調整を図るため、

                          土地収用法に基づいて各都道府県におかれている

                           準司法的な機能を持つ行政委員会」だそうです。ふむふむ。

塩野隆史さん…弁護士。1961年生まれ。50代後半のようです。

稲田正毅さん…弁護士。関大や阪大の大学院で教授を務められており、

       吹田ロータリークラブにも所属されています。

       大学を卒業されたのが、1998年なので40代前半くらいと思われます。

パートナー弁護士 稲田 正毅|所属弁護士|共栄法律事務所

 

8月30日付で、再度、吹田市に下記内容を要望しました。

・公平委員会の委員は全員男性ですが、
セクハラ問題については男性に相談しにくい場合もあるかと思う
今後は、男性だけでなく、女性の委員も選ぶように、お願いします
男女共同参画の観点からも女性の委員が就任することが望ましい
 ・男女共同参画室さんや人事室さんは、
上記のように、特定のポストが男性ばかりになっており、
そのことに基づく弊害が発生している場合もあると思料されるので
適宜、後藤圭二吹田市長に啓発・助言をお願いします
 

いつもの議員さん達(自民党共産党大阪維新の会・馬場・池渕・梶川議員)に

対しても、

パワハラ問題について議会で取り上げ頂くよう、また
答弁する理事者だけではなくて、出席している理事者全員に
当事者意識を持ってもらえるような形で
取り上げて頂くようお願いしておきました。

 

公平委員会が、パワハラ・セクハラなどで

本当に困っている市職員さんにとって、

もっと利用しやすく、相談しやすいものになればなぁと思います。

そもそも市職員さんが困らないような職場環境を整備することが重要なのは

いうまでもありません。

 

以前の吹田市役所のパワハラ問題に関する記事はこちら。

吹田市議会の議会中継・録画映像はスマートフォンなどの携帯端末からでも見ることができるようになりました。

皆さんこんにちわ。

吹田市の元気な会社員、重野恵子(じゅうのけいこ)です。

 

吹田市議会の議会中継や録画映像は、今まで、

特定の動作環境下でしか見ることができませんでしたが、

2018年9月定例会より、

スマートフォンなどの携帯端末からでも

見ることができるようになります。

URL載せときます。

http://smart.discussvision.net/smart/tenant/suita/WebView/rd/council_1.html

 

これをきっかけに、吹田市政が市民の皆さんにとって

より身近な存在になればと思います。

 

パソコンでも特定のブラウザでしか

動画を見ることができなかったので、

前から「不便だな」と思っており、

2017年9月26日付で、

他の端末からも見れるようにして頂けると嬉しいです。」等、

吹田市議会事務局や、吹田市議に対して要望を伝えていました。

2017年10月11日付で議会事務局職員より、

下記の通り連絡を頂いていました。

******議会事務局職員からの連絡文の抜粋ここから******

本会議のインターネット放映については、御指摘のとおり現行のシステムでは
スマートフォンなどの携帯端末での視聴はできません。市議会でも本件については
検討事項の一つとなっており、会議の映像配信を所管する議会広報委員会において、
昨年4月から協議を重ね、新システムに変更することを決定しまし。現在、
平成30年度中にスマートフォンなどの携帯端末からも視聴ができるようにするため、
関係部局と協議をしております。

******抜粋ここまで********************

 

2016年4月から協議を始めて、

実現するのに約1年半もかかったんだな~、

実現して良かったな~と思いました。

 

ところで、

実は、この新システムに変更するにあたり、

過去の録画映像がすべて見れなくなってしまいました。

 

映像でしか分からない部分も多かったので、

過去の吹田市議会の映像でしか分からない部分名場面集(?)

勝手に適当にランキング形式でご紹介したいです。

 

3位 野次「えー質問や!」

2017年11月定例会最終日(有給をとって議場で傍聴してました)

教育委員長の任命に関する議案で一人会派の馬場議員が質問をした際に、

「えー質問や!」という野次が他の議員からありました。

私も、なかなか良い質問だなと思いました。

野次は、議事録には残らなかったようです。

 

2位 場内失笑

2017年9月定例会にて

大阪維新の会の、えのき内議員が

吹田市議会で、日本維新の会国会における活動について

説明していたのですが

どこからともなく笑い声が。

私も思わず笑ってしまいました。

場内失笑であったことも、議事録には残らなかったようです。

 

1位 手話で質問

 

日本共産党の塩見議員が手話で質問をされていました。

専門的な内容を、手話で質問されており、単純にすごいな~と思いました。

 

www.youtube.com

 

おしまい。